電気代削減 新電力切替のメリット

新電力切り替えのメリット

新電力の切り替えは、ご存じでしょうか。

テレビCMなどで、たまに放送されているので、知っている方もいるのではと思います。

しかし、メリットだらけの割に、まだまだ認知度が低いサービスですので、知らない、という方もいるかと思います。

そこで、電力切り替えのメリット、疑問点、不安の解消のため、記事を作ってみました。

まず、切り替えのメリットです。

月々の電気代が安くなります。そして、割と簡単な手続きで、切り替えが完了します。

まあ、メリットですから、当然ですね。月額の電気代が安くなります。

では、新電力に切り替えると、電気料金は、月々どのくらい安くなるのでしょうか?

これについては、住んでいる地域や、電気の使用量・使用状況によって個別に変動しますが、大体、515%程度安くなる可能性があります。

なんで、安いのか?

今までの東京電力などの既存電力会社は、発電コストを積み上げて、電気料金を決める「総括原価方式」という方法を採用していました。

かかった発電コストをそのまま消費者に転嫁、負担させることが出来て、当該地域を独占状態で守られていたため、電気料金がいくら高くなっても、顧客を他社に奪われることはありませんでした。

よって、正しい企業努力を怠り、安易に顧客負担を積み重ねた結果、高コスト体質に陥っていました。

電力会社の人件費は、高い傾向にありますね。

厚生労働省の統計によると、業種別で最も平均年収が高いのが、電力会社を含む「電気・ガス・熱供給・水道業」です。

人件費一つとっても、今までの電力会社は高コスト体質でした。

その点、新電力は違います。

電気の品質が全て同じであれば、勝負出来るのは電気の価格くらいです。

0.01円でも電気料金を安くするために、血の滲むような経営努力をして、コスト削減に努めています。

そのため、安く電気を供給できています。

これまで、日本の電気料金プランは、使う量に応じて単価が上がっていく「3段階制」を採用していました。使えば使うほど、お得になっていきそうですが、実はその逆で、多く使うと、割高になるように設定されています(過去のオイルショックが影響しています。)

これまで割高だった、3段階制の一番上の料金単価を大きく引き下げることで、これまでよりお得になるようなプラン設定をしています。元々の料金単価がかなり高く設定されていたので、値下げをするのは難しい話ではありません。

電力自由化前の電力各社は、3段階制料金の3段階目で利益の大部分を確保していたと言われています。逆に、1段階目は割安であるため利益はほぼ出ません(もしくは赤字) その証拠に、新電力各社も1段階目の料金の値下げにはなかなか踏み込めていません。

という電気料金の価格設定制度の見直しもしているため、電気料金が安くなっています。

利用が多い業種業態であれば、コスト削減メリットも大きいです。

新電力切り替えですが、月額の電気料金が高い工場、店舗、施設関係など、効果抜群です。

:

工場(茨木県 食品加工)

契約電力 1,900kW
使用電力量 4,612,460kWh
年間電気料金 100,034,386円
切替後電気料金 84,929,866

削減額 1,510万円(削減率15.1%

病院(福島県 総合病院)

契約電力 600kW
使用電力量 2,314,656kWh
年間電気料金 48,279,986円
切替後電気料金 40,313,736

削減額797万円(削減率16.5%

飲食店(栃木県 ロードサイド店舗)

契約電力 130kW
使用電力量 235,000kWh
年間電気料金 5,400,000円
切替後電気料金 4,610,000

削減額79万円(削減率14.6%

介護施設(埼玉県 特別養護老人ホーム)

契約電力 212kW
使用電力量 969,197kWh
年間電気料金 19,049,616円
切替後電気料金 15,894,826

削減額315万円(削減率16.1%

この他にも、ホテル・旅館学校官公庁マンション・アパートなど幅広く対応可能です。

ご利用状況によっては最大4050%程度の削減例もございます。

見積もりしてみる

停電などのリスクは? ありません、電気の質は、変わらないです

安くなる、と言われると心配になるのが、「停電」のリスクです。

安い電気料金だと、差別されるのでは、と心配になりますよね。

これについては、一切心配する必要は、ありません。

全ての電力会社が、同じ送電網を使うので、特定の電力会社だけ停電が増える、ということは全く無いです。自分のオフィス、工場、家などが停電すれば、周りの家も同じように停電します。

また、仮に契約していた新電力が倒産したとしても、すぐに電気が止まってしまうことはありません。制度上、ちゃんと保護されるように決められています。

既に倒産した新電力もありますが、問題は起きていません。

供給される電気の「質」は、従来と全く一緒ですし、災害時も、既存電力会社と差別されることなく復旧されますので、ご安心ください。

新電力のデメリットはないの?

良いことばかりな気がする新電力の切り替えですが、デメリットはないのでしょうか。

何をデメリットと感じるか、ですが、特段これと言ってデメリットがないのが、この新電力の切り替えです。

ただ、そんなに電気代が下がらないケースが稀にあります。

電気の契約形態によっては、電気料金が下がらない場合があります。

一度、過去の電気料金の明細を用意して、見積を取ってみましょう。

料金が下がる見込みかどうか、すぐにわかります。

契約の流れ

まず、手元に電気料金の明細(検針票)を用意しましょう。

電気の検針票には「契約名義」「お客様番号(契約番号)」「供給地点番号」の3つの情報が書かれています。

申込みにあたっては、これら3つの情報が必要となるので、検針票を手元に置いておくとスムーズです。

次に、検針票を提出いただき、お見積書を作成します。

見積の内容にご納得いただけましたら、切り替えの申込書に記名捺印をいただきます。

数日程度で、電力切り替えの契約書が届きますので、ご捺印等をしたうえ、ご返送していただきます。

契約書を送っていただいてから、3-4週間程度で、電力が切り替わります。

特に、なにかする必要はありません。自動的に切り替わります。停電が発生するなどもありません。

電気料金見直しのご相談、お見積もりなどのご依頼はすべて無料で承っております。また、ご契約の際の初期費用なども不要です。追加コスト無しで電気料金のコスト削減を実現できます。

いかがでしょうか。メリットの多い新電力切り替えですが、まだ認知度が低いです。

メリットが多いので、ぜひ、ご検討ください。

お問い合わせはこちら

関連記事

  1. 税理士、社会保険労務士、司法書士などの専門士業の後継者問題

  2. もらえる助成金は、有効に活用しよう、経営力アップの助成金のご紹介!

  3. コストダウン事例のご紹介とルークスさまのご紹介

  4. 当社が取り組むスモールM&Aについて

  5. 海外進出! ベトナムとはどんな国!?

  6. サイト売買による収益獲得