起業するには、やっぱりフランチャイズが取り組みやすい!

フランチャイズが取り組みやすい

起業しよう、と決めた時、ビジネスプランはありますか?

脱サラして、起業してみようかなと思ったとき、まず、何から始めていいかわからない、そう思ったことありませんか? 

まず、よく聞くのが、コンビニなどのフランチャイズではないでしょうか。フランチャイズなら、すでにあるビジネスを言わば、コピーして展開するので、スタートアップが比較的楽という面があります。

もちろん、デメリットもありますが、スタートするだけなら、フランチャイズが楽です。

フランチャイズ加盟店を何店舗も経営して、上場した、などという話もあります。

広げれば、十分、広がりのあるビジネス形態です。 

フランチャイズと言っても、様々なものがあります。 

参考サイト: 日本最大級のFC募集情報サイト【フランチャイズ比較ネット】

 

フランチャイズ選定の条件

まず、本部のサポート体制がしっかりしているかどうか、絶対に重要ですので、慎重に確認してください。

本部のサポート次第で、ビジネスを始めるときの準備段階のスムーズさが違いますし、不安な点などもクリアしてくれるかどうか、しっかり見極めてください。

サポートがないと、自分で補わなくてはいけない部分が出てきて、本業に集中できなかったり、無駄な追加の出費が出たりします。  

 

加盟金が妥当な金額かどうか

加盟金が意味もなく、高い場合は、注意してください。本部側としては、加盟金で儲けるスキームを組んでいるところもあります。

高い加盟金を払ったのに、ビジネスがうまくいかなかったら、だまされた!と思ってしまうことも出てくるでしょう。

加盟金については、各フランチャイズで、細かい規定があると思いますので、納得できるまで、本部に確認してくださいね。 

はっきり言って儲かります。配食フランチャイズの秘密とは・・・

フランチャイズの期間と契約終了について

フランチャイズの期間ですが、ビジネスがうまくいった場合、延長したいと思うはずですが、延長できなかったりするものもあります。

せっかく、ビジネスが軌道に乗ったのに、契約期限が来て、止めざるを得ないのは、悲しいですよね。

また、逆に、赤字が続いた場合でも、撤退できないフランチャイズもあります。

私が見たり聞いた限り、赤字が続いた場合は、本部との協議で、なんとか色々と手を打ってくれた本部が多かったですが、中には、柔軟な対応をしてくれないところも出てくると思います。 

 

十分な利幅が取れる仕組みになっているかどうか

フランチャイズの中には、本部からの仕入値が高すぎて、どう頑張っても利益が出しにくいものも存在します。

馬車馬のように働いても、手元に残るのは、微々たるお金、という状況にならないように、フランチャイズ契約する前に、収支の見込みはしっかり確認してください。

フランチャイズ貧乏という会社さんを割と見かけますので、注意しましょう。

 まず、情報収集をしてみてくださいね。

参考サイト: 【フランチャイズ比較ネット】




関連記事

  1. コンサルティング事業部のご紹介

  2. 海外進出! ベトナムとはどんな国!?

  3. 日本でユニコーン企業が育たない理由とは!?