ベトナム不動産 儲かるの!?

ベトナム不動産投資の現状

確かに、不動産価格は上昇しているけど、実際、儲かるの!?

社会主義国のベトナムが、2015年7月に住宅法を改正した。これにより外国人でもコンドミニアムなどの不動産購入が可能になったのは、すでにご存じでしょう。

不動産投資ですが、投機目的から、定住目的に移り変わり、ベトナム人ローカル向けに対して、ここ最近、ベトナムの銀行も住宅ローンを始めたりして、不動産購入・投資には、積極的になっています。

しかし、不動産売買業界というものが、まだ歴史が浅く、売買にしても中古不動産市場もない状態ですので、未知数な部分もあります。

ハノイとホーチミンの不動産物件を毎月視察していますが、まず、勢いで買っているのでは、と思うくらい韓国人、中国人が買います。

ベトナムには、日本人の10倍以上の韓国人がいます。

また、ここ最近、中国人も不動産を買っています。日本人は、控えめです。

ですので、人気のあるマンションのショウルームは、ベトナム人、韓国人、中国人など、入り乱れています。(ベトナム人は、マンションのことをアパートと言います。)

また、人気のマンションは、売れるのも足が速いです。あっという間に売り切れ、という状態です。

狙っていた物件も、すぐに売れてしまい、買いそびれたこと数回です。。

当たり前ですが、日本から数日間だけベトナムに来て、不動産購入の手続きをするよりは、ベトナム現地にいる方が、動きも早いですし、仕方ないです。

言葉や手続き等の問題を解消するには?

ベトナム不動産投資で、儲けたいと考えた場合、ベトナム不動産を購入するのに、言葉や手続きなどが不安であれば、日本の仲介業者に依頼するのが、安心です。

日本でも不動産購入は、何回も経験するものではなく、不安なのに、ましてや言葉も文化も違うベトナムでの不動産購入となれば、信頼でき、日本語の通じる仲介業者がおすすめです。

筆者は、日本語を話せるベトナム人を雇っているので、その点では、比較的楽に話が出来ます。

マンション販売員で、英語を話す人もいますが、訛っていてよく聞き取れないなど不安な部分もあります。正直、発音しづらい音声もあるようで、聞き取りがきびしいです。

住宅ローンは組めるのか?

結論から言うと、ベトナムの現地銀行で住宅ローンを組むことは、かなり難しいと考えた方がよいです。

現状、外国人が現地銀行で住宅ローンを組んでいる例は、非常に少なく、仮に住宅ローンが組めたとしても金利が8%を超えるため、レバレジを効かせた不動産投資を行うことは難しいでしょう。

ベトナムではHSBCやCitybanks、 AZN(オーストラリア・ニュージーランド銀行) などの外資系銀行が住宅ローンを提供していたり、ベトコンバンクやBIDVなどの大手銀行も住宅ローンを扱っていますが、高金利です。

ベトナム人だと、プレビルド向けのローン案件で、12か月無利息という商品もあったりします。

これは、物件と提携銀行によって異なりますが、建設前の物件に、分割で支払いをしていくことを考えると、親切なローンだなと思います。

ここ最近、政府の後押しもあってか、ベトナム人が住宅ローンを組んで不動産を購入するケースが増えています。

日本の銀行の中にも一部、海外不動産の取得に対してローンが組める銀行があります。

ここでは、ベトナムで不動産を購入する際に、住宅ローンが組める可能性のある日本の銀行は、オリックス銀行と日本政策金融公庫くらいだと思います。

以前は、スルガ銀行、西京信金も扱っていましたが、スルガ銀行、西京信金が、かぼちゃの馬車、TATERUなどのシェアハウス関連の問題で、新規の海外不動産ローンをストップしていますので、オリックス銀行と日本政策金融公庫となっています。

ただ、この二行については、建設前のプレビルド案件は、融資しないようですので、低金利なのが魅力ですが、日本の銀行からの融資もきびしいのが、現状です。

関連記事

  1. 土地、建物の有効活用に保育園開設が有効

  2. 不動産業者のオフシーズン 接客良好な理由

  3. 西新宿のおすすめ物件のご紹介

  4. ベトナム不動産 購入手続き編

  5. 空き家対策、相続対策、不動産賃貸事業に関するお知らせ

  6. 西新宿 高級賃貸マンション

    土地活用を始めるなら、早い方が断然お得!